蕎傳の親子そば

2020-05-12

 

こんにちは。北国の木々も色とりどりの花を咲かせ、枝の先端には愛おしい若葉の黄緑が覗く季節になりました。今日は大人時間を楽しめる、お蕎麦屋さんで憩う。訪れたのはとある、白石にあるお蕎麦屋さん。大きな石灯籠がおかれた古いお屋敷のような玄関をくぐると、木目が美しい瀟洒なピアノと欄間の彫刻がお出迎え。ワクワクしながらお部屋に上がると、窓からは立派な松を眺められるお庭が覗く、大人がゆっくりくつろげるお店だ。

こちらの一番の人気メニューはおそらく親鳥のかしわ蕎麦だとおもうが、今日は親子そばをチョイス。そばつゆにふわっと浮かんだ半熟卵が食をそそる。卵の中の親鳥のコリコリとした食感が楽しい。薬味は七味唐辛子と一味唐辛子が用意されているが、今日も七味唐辛子をチョイス。山椒が程よくかおり、ぴりりとした辛みも爽やかな七味だ。

親子そば近影

最後に出されたそば茶をすすり、改めてお庭の眺めを楽しんだ。運転もあるのでお酒はいただけなかったが、今日は粋なひとときを味わうことができた。おっと、また多く語りすぎてしまった。では、また。