20XX年の少子化対策

2020-06-12


今日は日本の政策についての動画のご紹介です。西暦20XX年、日本では少子化対策と格差是正解消を目的として、女子高生の性教育の一環として国が指定した男性と性交させ妊娠、出産を義務付ける「高等学校における実践的性教育および少子化格差是正推進制度」通称(種付け制度)が施行されています。今日の動画はそのモデルケースの1つ、お嬢様学校の生徒と町工場で汗水たらして働いている親父さんの制度執行の様子を記録したものです。突如女子高生藤原さんと執行官喪白さんが、旋盤を準備するおやっさんの前に現れ、執行の開始を宣言します。躊躇するおやっさんをよそに生徒と執行官は粛々と行為を遂行します。射精後執行官が着床検査を行いますが、残念ながら受精には至らなかった様子。あきらめきれない女子高生がとった行動とは。(▶▶下の画像クリックで動画に飛びます)